モタードで遊ぶ

30代現役で頑張ってます!みなさんも一緒に始めませんか?

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックの検査に行ってきた

視力回復手術のレーシックを受けるために
有楽町にある品川クリニックにいってきました。

レーシックやってるクリニックは変な法則があるようだ。

この品川クリニックはかなり有名なんだけど、同じように
大きいところで、新宿にある神奈川クリニック、広尾にある
神戸クリニック。からかわれてるみたい。


品川クリニックは、検査と手術する場所が違い、検査だけの
場所が駅前にあります。

朝1番の予約だったので、15分前くらいに着くように行ったところほんとに1番乗りでした。
かなり綺麗な場所で、受付のおねいさんも優しかった。

検査自体は10種類くらいあって、
まず明るい部屋で、よく眼科にあるような自動で視力や乱視を測る
機械や、空気を目に当てる眼圧測定など4つくらい検査します。

そのあと、通常の視力検査するんですが、この視力検査のボードが
10台以上ずらっと並んでるんですよ。すごい光景でした。

ここで測る矯正視力が大体手術後の回復視力の限界になるんだそうです。
(矯正視力って検査用のレンズ差し込める変なメガネを使った視力のことです。)


このあと暗室に移動し、さらに5つくらいの検査するんですが、
1つの機械に1人づつ看護婦さんがいて測定してもらえます。
が、流れ作業のようで一言くらいしか会話出来ません。

でも、ここでの検査は初めてのものばかりで、ちょっと興味ありました。
レーザーで目の形をスキャンしたり、角膜の裏側まで測定できる光を
当てたり、目の認識できるコントラストがどの程度か測定したり。

この部屋の最後に、医師が目の状態を軽く診たあと瞳孔を開く
点眼をします。ちょとしみましたが特に変化ないなと思ったら、
30分たたないと効果は現れないんだって。

その時間を使って、手術時の注意事項や疑問点などの説明を
看護婦さんがしてくれます。この人が一番丁寧に説明してくれたし
相談に乗ってくれた。ここで自分の思っている疑問を聞いておくと
良いですね。

瞳孔が開いたら、前でやった検査とほぼ同じものをやります。
つづけてベットの上で仰向けになり、麻酔の点眼をしたあと
角膜の厚さを測るための接触検査をします。
なんか細い棒のようなもので目を突付いて測定していく。が、
目は全く痛くない。
目を押されると、視界がゆがんでみえた。液晶画面を押すと、液晶が動いて
もやもやが出るのと同じような感覚。結構おもしろい。

最後に医師の居る部屋で検査結果の報告を聞いて、検査可能か
教えてもらえる。
今は10人に1人くらいの割合で手術が不適の人がいるんだって。
角膜が薄かったり、目の病気だったり。


私の結果は、
裸眼が0.09と0.1、角膜は540μmで術後490μm残る
手術の基準は術後390μm以上残ること)、目の状態も良く手術O.Kでした。

これ全部で2時間弱、混んでいる時は2時間半くらい。

帰りの電車が一番つらかった。瞳孔開いたままだから、
世の中眩しい眩しい。

いままで思っていたのよりも簡単だなって思った。

いよいよ来週は手術です。これでモタードやるのにコンタクトを気にする
必要が無くなるよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://motakky.blog46.fc2.com/tb.php/79-d373d219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

  • miz
  • 2007年度戦績

    MOTO1 ALLSTARS
    moto2クラスランキング 5位

    MOTO1中部エリア
    moto1OPENクラス チャンピオン

    関東ロードミニ 
    モタードOPENランキング 3位

現在の閲覧者数:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 

Google動画検索

Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

天気予報


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。