モタードで遊ぶ

30代現役で頑張ってます!みなさんも一緒に始めませんか?

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モタードマシンを作る その1

ステップ1 タイヤ&ホイール

モタードとモトクロス用との一番の違いはやはりこの部分ですね。

100%土の上を走ることを考えて作られたモトクロッサーのタイヤサイズは

フロント:80/100-21
リア:100/90-19(CRF250)
   110/90-19(CRF450)

ちなみにリムサイズは

 フロント:1.6インチ
 リア:1.85インチ(CRF250)
 リア:2.15インチ(CRF450)

それに対しモタードは90%がアスファルト路面で残りが土、通常の練習は100%アスファルトのコースで走ります。
そこでロードレースのようなスリックタイヤで路面をグリップできるような仕様に変更していくのです。サイズとしてはGP250クラスと同じタイヤサイズを使うのが最近のトレンドとなっています。

フロント:12/60-17
リア:16/63-17

これはモタードスリックを出しているミシュランのサイズで、メーカーによっては多少サイズが異なってきますが、前後とも17インチは共通です。
フロントはほぼ120mmで共通してますが、リアの幅に関しては160mmが主流ですが、タイヤの種類によっては150mmのこともあります。

リムサイズは
 フロント:3.5インチ
 リア:5インチ(4.5インチ)

モタードの場合は250ccでも450ccでもタイヤやリムサイズは共通です。
20060526130005.jpg



ここで、リアのリムサイズを決めるにあたり、これから使おうとするタイヤの種類によって選択肢が変わってきます。

1.モタード専用レーシングスリックを使う

 今のところミシュランからしか発売されていません。(最近UKダンロップもでましたが、簡単には入手できないです)
この場合は推奨リムサイズが5~5.5インチのために5インチを選ぶことになります。
5.5インチはスイングアームの中に納まらないので使えない。全くだめなわけじゃないけどお勧めできないです。4.5インチも使えますが、タイヤのプロフィール(形)が変わってしまい、きっちりサイドまでタイヤを使えなくなるので、これもお勧めできません。
20060526125956.jpg


2.公道走行可能なモタード用ハイグリップタイヤを使う

  この場合はメーカーやタイヤのグレードによっていろいろなサイズが出ているため、リム幅はそのタイヤの幅に応じて4.5か5インチを選べばいいと思います。
参考に、タイヤの幅は160mm(レーシングスリックと同じ)では5インチ、150mmの場合は4.5インチが推奨リムサイズになっていることが多い。
あと、5インチリムの場合はスイングアーム回りやチェーンラインに多少加工が必要になります。
DUNLOP.jpg


以降は自分が使用している5インチリムとミシュランのモタードスリックを題材に話を進めます。

タイヤとリム幅が決まったところで問題となるのが、ハブとスポークです。(キャストホイールという選択肢もありますが、使ったことがないのでスポーク仕様でいきます。今後使う機会があれば追加情報をUPします。)

一番お手軽なのは、AFAMより発売されているホイールセットを使うことですが、価格が高く17万~20万円する。しかしポン付けしたい人にはお勧めで、ハブも純正流用や専用ハブどちらかを選べるし、リムもEXCEL製を使い、サイズは数種類から選べます。何より、すべて組み立て済み。

もしモトクロス用にホイールを持っている必要がなくて、今のホイールをバラしてもいい場合は、ハブ以外の足りない部品を買い、スポークの仮組みまで自分でやってからお店に調整してもらうことをお勧めします。自分はこれで予算押さえました。

<ホイールの組み方>

ハブは純正を流用します。既存のホイールをバラす場合、スポークはニップルを緩めていけば外せ、比較的簡単にバラすことができます。新品で買うと前後で約3万円です。

リムはEXCELで純正ハブ用のものを用意します。こちらの価格は前後で約8万円。ハブの年式とリムの色、サイズ、ホイールのオフセット量(これは別途説明)を伝えればOKです。近くにCRFのモタードを扱っているお店があれば、そこに聞いてみると迷わないと思います。

スポークはAFAMのキットの補修パーツを使用するか、モタードのスポークを加工しているFACEさんに注文することで手に入ります。これも前後2万円強から3万円弱です。

これを元々のホイールと同じ組み方(スポークの交差しかた)をまねて仮組みをしていきます。

注意するのはスポークの交差するときの上下関係と、交差する回数です。
フロントホイールはスポークが2回クロスし、リアは1回です。
仮組みの程度はリムがガタガタの状態で十分です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://motakky.blog46.fc2.com/tb.php/45-b763d934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

  • miz
  • 2007年度戦績

    MOTO1 ALLSTARS
    moto2クラスランキング 5位

    MOTO1中部エリア
    moto1OPENクラス チャンピオン

    関東ロードミニ 
    モタードOPENランキング 3位

現在の閲覧者数:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

 

Google動画検索

Loading...
Loading...
developed by 遊ぶブログ

天気予報


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。